サン=サーンス

サン=サーンス

【死の舞踏】骸骨たちの舞踏会を音楽で描く『死の舞踏』の魅力を徹底解説!【後編】

大人のための音楽鑑賞、「死の舞踏」後編になります。後編となる今回は交響詩についてと、具体的な楽曲解説をしていきます。交響詩とは音楽のジャンルの一つであり、特定の物語や詩的なテーマを音楽的に表現するために作曲された楽曲のことを指します。「死の舞踏」の初演は1875年にパリのシャトレ座にて行われました。しかし初演は失敗に終わってしまいました。
サン=サーンス

【死の舞踏】フランスの巨匠サン=サーンスが描いた「死の舞踏」とは何なのか?解説します【前編】

今回はサン=サーンス作曲の交響詩「死の舞踏」を2回に分けてわかりやすく解説していきます。前編は「作曲者」と「死の舞踏とはなにか?」について解説します。交響詩「死の舞踏」(Danse Macabre)は、フランスの作曲家カミーユ・サン=サーンスによって作曲されたオーケストラ作品になります。「死の舞踏」はフランスの詩人アンリ・カザリスの詩からインスピレーションを得て作曲されました。
サン=サーンス

【大人のための音楽鑑賞】パロディーだらけのサン=サーンス「動物の謝肉祭」各曲鑑賞のコツを解説!

今回は「動物の謝肉祭」の鑑賞のポイントを、わかりやすく解説していきます。「動物の謝肉祭」鑑賞のポイントは、大きく2つになります。 ①変則的な楽器編成 ②他の作曲家のパロディー 「動物の謝肉祭」は金管楽器が一切編成に含まれない、変則的なアンサンブルの編成となっています。
サン=サーンス

【大人のための音楽鑑賞】サン=サーンスはシャレがお好き?彼の生涯と「謝肉祭」について徹底解説!

今回はC.サン=サーンスの組曲「動物の謝肉祭」をわかりやすく解説していきます。サン=サーンスの作品はお堅いイメージがあるかもしれません。しかし、今回解説する「動物の謝肉祭」はパロディー的な要素があるため、そこを理解しておくととても鑑賞しやすい楽曲となっています。1回目の今回は、サン=サーンスの紹介と楽曲の背景について解説していきます。